ニュースリリース

PRESS RELEASE

いよいよ来月開校予定「N高等学校」
「双方向教育システム」「ネット部活」「ネット遠足」を公開

~ネットで友達と一緒に受ける生授業、ドラゴンクエストⅩの世界で遠足、
プロ棋士がネット指導する将棋部、社会学者らによるアドバイザリーボードも~

カドカワ株式会社
2016年3月22日

 カドカワ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川上量生)は、同社が2016年4月に開校を予定している「N高等学校」において、N高オリジナルの双方向教育システムや、ネット上でより良い学園生活を過ごすためのコミュニティ形成施策などの詳細を公開しました。

コメントやアンケートなどリアルタイムで交流できる、N高オリジナル双方向教育システム


N高オリジナル双方向教育システム 授業画面

 「N高等学校」では、高校卒業資格取得のための授業やレポート提出をネットで効率的に行うことで、自分がやりたい勉強の時間を自由に増やすことができます。本校では生徒の空いた時間に、大学受験やプログラミング、ラノベ作家・イラストレーター育成など多くの課外授業を、N高独自開発の双方向学習に特化したN高オリジナル教育システム(iOS/Androidアプリ、PC)で提供します。

 オリジナル教育システムによる授業では、一人で動画を見るのではなく、第一線で活躍するプロフェッショナル講師による生放送授業をほかの生徒と一緒に受講することができます。授業中は、アプリを通じて講師に質問したり、課題をその場で講師に添削してもらえるほか、書き込まれるコメントによって生徒同士で解き方を教え合えるなど、双方向のネット参加型授業で勉強できます。

●リアルタイムでみんなと受ける「生授業」とスマホに最適化された「教材」

 本システムでは、リアルタイムでクラスメイトと受講する「生授業」が受けられるほか、スマホをはじめ各デバイスに最適化したN高オリジナルのデジタル「教材」で勉強ができます。授業は講師や生徒同士のリアルタイムのコミュニケーションを重視し、録画映像ではなく生放送で行い、放送後はアーカイブ視聴も可能です。

 生授業では、生徒からのコメントや質問、アンケートやクイズ、挙手などの双方向性機能により、ネットでほかの生徒と一緒に授業を受けることができます。そのほか、気になることはチャット形式のQ&A掲示板で、いつでもほかの生徒や講師に相談することができます。

N高オリジナル教育システムの特徴
●双方向生授業…授業は講師による生放送です。コメント・質問、アンケート・クイズ、挙手といった講師と生徒のリアルタイムのやりとりを活性化する仕組みで、他の生徒と一緒に授業を受けているような授業が展開されます。
●スマホに最適化された教材…問題、テキスト、解説動画などの様々なフォーマットに対応した、スマホに最適化されたオリジナルのデジタル教材で実力を養うことができます。自動で記録される進捗や理解度で、学習進捗を管理することもできます。※PCでの閲覧も可能
●Q&A…わからない問題や気になった点、悩み事はチャット形式の質問掲示板でほかの生徒や講師に気軽に相談することができます。

※詳細は右記動画をご覧ください… https://www.youtube.com/watch?v=gIitSP2tWiA

※ネット課外授業VTR… https://www.youtube.com/watch?v=AvbR59S_sDo

ネットで友達はつくれる。「ネット部活」「ネット遠足」など、学園生活をネットで展開

 N高等学校では、高校生活においては学業だけでなく“友達づくり”などの交流が必要であると考え、生徒が集まれるリアルイベントの実施だけでなく、ネットツールを活用した「ネット部活」や「ネット遠足」など、生徒や講師のコミュニケーション促進を図る施策を実施します。

●一流コーチが指導する「ネット部活」

 N高等学校では、ネットでクラブ活動を行うことを推奨します。人気の部活には、その道のプロや実力者を顧問に迎えるなど、手厚いサポートを実施予定です。ネット上での定常的な部活動を通じて生徒間の交流を図るほか、各競技・種目で開催されている大会にN高等学校の代表として参加することで生徒間の団結力を高めます。また、年に1回のスクーリングやN高等学校の文化祭である「ニコニコ超会議」では、部活の仲間とリアルな場所でも部活動を実施予定です。

ネット部活ラインナップ ※今後も生徒の希望により追加していきます。
●将棋部・囲碁部…ネット対戦を中心に将棋や囲碁を楽しみます。現役プロ棋士を特別顧問に招き、初心者から上級者まで、生徒の実力に合わせた指導を実施します。また、高校選手権大会への出場を目指します。
将棋部特別顧問:阿部光瑠六段、利用ソフト:将棋倶楽部24。囲碁部特別顧問:藤澤一就八段、利用ソフト:幽玄の間
●格闘ゲーム部…ネット対戦を中心に格闘ゲームを楽しみます。「e-Sports」への参加など、プロゲーマーも目指す、N高でもっとも体育会系の部活になるかもしれません。
●サッカー部…主な活動はウイニングイレブンを使用したサッカーゲームの対戦になります。サッカー元日本代表の秋田豊氏を特別顧問に迎え、ウイニングイレブンでサッカー選手の動きや癖、サッカーの戦術をみんなで学習します。また、ネット対戦だけでなく、沖縄でのスクーリング時にはリアルな場でフットサルの直接指導も予定しています。

adidas, the 3-Bars logo, the 3-Stripe trade mark and Climacool are registered trade marks of the adidas Group, used with permission. c 2016, DFB Producto Oficial Licenciado RFEF All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license. c Konami Digital Entertainment

●ドラゴンクエストⅩオンラインの世界でみんなと「ネット遠足」

 N高等学校では、ネットの高校として遠足もネット上で実施します。株式会社スクウェア・エニックスの協力のもと、オンラインRPG「ドラゴンクエストⅩ」の世界(ゲームのフィールド)で、生徒はN高制服を着たキャラクターを操作してゲーム内でみんなと遠足に出かけます。

ネット遠足の特徴
生徒は、「ドラゴンクエストⅩオンライン」内でN高生徒限定のアイテムを装備し、引率者である担任の講師とともに遠足に出かけます。遠足ではゲームのフィールドを探索したり、鬼ごっこなどのレクリエーションや集合写真を撮影するなど、生徒間の交流を促進します。

アドバイザリーボードを設置しデジタルネイティブ世代の学校生活のあり方を研究

 N高等学校では、有識者を委員に迎えアドバイザリーボードを設置することが決定しました。アドバイザリーボードに就任予定の各分野の有識者からは、N高等学校のネットを活用した新しい取り組みについて専門的知見から助言をいただくほか、本校からN高等学校で得られるデータ(ログやアンケート、学習習熟度など)を研究データとして提供し、N高等学校の世界でも類を見ないユニークな取り組みを分析いただき広く開示していきます。

●就任予定ボードメンバー略歴(五十音順、敬称略)

上野 千鶴子(社会学者/立命館大学 特別招聘教授)
立命館大学特別招聘教授。京都大学大学院社会学博士課程修了。1995年から2011年3月まで東京大学大学院人文社会系研究科教授。2011年4月から認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、指導的な理論家のひとり。高齢者の介護問題にも関わっている。1994年『近代家族の成立と終焉』(岩波書店)でサントリー学芸賞受賞。2012年度朝日賞受賞。著書:『老いる準備』(学陽書房)、『不惑のフェミニズム』(岩波現代新書)、『ケアの社会学』(太田出版)、『ナショナリズムとジェンダー』(岩波現代文庫)、『みんな「おひとりさま」』(青灯社)、『ニッポンが変わる、女が変える』(中央公論新社)、『上野千鶴子の選憲論』(集英社新書)など多数。
宇野 常寛(評論家/「PLANETS」編集長) 著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『原子爆弾とジョーカーなき世界』(メディアファクトリー)、『楽器と武器だけが人を殺すことができる』(KADOKAWA/メディアファクトリー)、編著に『静かなる革命へのブループリント:この国の未来をつくる7つの対話』(河出書房新社)、『資本主義こそが究極の革命である:市場から社会を変えるイノベーターたち』(KADOKAWA/PLANETS)など。京都精華大学非常勤講師、立教大学兼任講師のほか、J-WAVE「THE HANGOUT」月曜ナビゲーター、日本テレビ「スッキリ!!」コメンテーターも務める。
斎藤 環(精神科医/筑波大学 医学医療系 社会精神保健学 教授) 1961年、岩手県生まれ。筑波大学医学専門群(環境生態学)卒業。医学博士。爽風会佐々木病院診療部長を経て、2013年4月から筑波大教授(社会精神保健学)。専門は青年期の精神病理学、病跡学、精神分析。著書に『文脈病』『社会的ひきこもり』『関係の化学としての文学』など。
鈴木 翔(秋田大学 大学院工学資源学研究科 助教) 秋田大学大学院工学資源学研究科助教。現在、東京大学大学院教育学研究科博士課程にも在籍。群馬大学教育学部卒業。東京大学社会科学研究所学術支援専門職員なども歴任。専門は教育社会学。主な研究テーマは中高生の交友関係。2012年に出版された『教室内(スクール)カースト』はいじめの研究を参照しながら、学生や教師へのインタビュー調査を実施。教室を支配する「地位の差」をあぶりだし、生徒教師の実態に迫る一冊で、若手社会学者の中でも一目置かれる存在となっている。主著に『教室内(スクール)カースト (光文社・2012年)』『先生!』(共著、岩波書店、2013年)『現代社会論――社会学で探る私たちの生き方』(共著、有斐閣、2015年)
中室 牧子(教育経済学者/慶應義塾大学総合政策学部 准教授) 慶應義塾大学総合政策学部准教授。1998年慶應義塾大学卒業。米ニューヨーク市のコロンビア大学で学ぶ(MPA, Ph.D.)。専門は、経済学の理論や手法を用いて教育を分析する「教育経済学」。日本銀行や世界銀行での実務経験がある。2013年から現職。教育再生実行会議等、政府の審議会で有識者委員を務めるほか、地方自治体の教育振興計画の改定にも携わる。
古市 憲寿氏(社会学者) 若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)で注目される。内閣府国家戦略室「フロンティア分科会」部会委員、「経済財政動向等についての集中点検会合」委員、内閣官房行政改革推進本部事務局「国・行政のあり方に関する懇談会」メンバー、「クールジャパン推進会議」委員などを歴任。日本学術振興会「育志賞」受賞。最新刊の『保育園義務教育化』(小学館)では、女性が置かれた理不尽な状況を描き、その解決策を示す。

●N高等学校ウェブサイト : https://nnn.ed.jp/

KADOKAWA dwango 株式会社Gzブレイン