ニュースリリース

PRESS RELEASE

ゲームメディア「ファミ通」独自の視点で平成時代を切り取る

『ゲームと平成』、3月30日(土)発売!

株式会社Gzブレイン
2019年3月29日

株式会社Gzブレイン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:堀 健一郎)は、2019年3月30日(土)、平成30年間のゲームにまつわる出来事をまとめた書籍『ゲームと平成』を刊行します。


▲『ゲームと平成』表紙

「ゲームボーイ」や「プレイステーション」の発売、ゲームアプリの登場、VRやARといった新技術の誕生、eスポーツの台頭など、平成はゲーム産業において劇的な変化を遂げた時代となりました。

『ゲームと平成』は、平成の30年間に起きたゲームにまつわる出来事を、1986年の創刊からゲーム業界に携わってきたゲームメディア「ファミ通」が総括した書籍です。

本書では、平成元年(1989年)から平成31年(2019年)3月中旬まで、ゲーム業界のトピックスや代表的なゲームタイトルを総ざらいし、世間の出来事も加えた1年ごとの年表形式で掲載しています。また、そのなかでも世の中に大きなインパクトを与えたゲーム業界の話題をピックアップし、当時の写真や『週刊ファミ通』の報道記事で掘り下げます。
さらに巻末特別企画として、長年ゲーム業界の移り変わりを追い続けてきたファミ通グループ代表の浜村弘一が、ゲームメディアの視点から見た平成時代のゲームについて考察しました。
平成のゲーム史がすべて分かる、永久保存版の1冊となっています。

◆『ゲームと平成』のおもな内容

年表で振り返るゲームと平成
平成元年1月から平成31年3月中旬までのゲーム業界と世の中の出来事を年表に集約。

写真と記事で振り返るゲームと平成
「ストリートファイターII」大ヒットや中古ソフト裁判といった、世の中に大きな影響を与えた出来事をゲーム年表からピックアップ。当時の写真や『週刊ファミ通』記事で深掘りし、掲載。

巻末特別企画:ゲームメディアの視点から見たゲームと平成
ゲームとともに歩んできたファミ通グループ代表・浜村弘一が、平成時代のゲームについて考察。

◆『ゲームと平成』商品概要

書 名
:ゲームと平成
発 売 日
:2019年3月30日(土)
価 格
:999円(税込)
ページ数
:116

◆株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について

株式会社Gzブレイン(代表取締役社長:堀 健一郎)は2017 年7 月3 日、カドカワ株式会社の100%子会社として設立しました。『ファミ通』『B's-LOG』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Web メディアの運営といったゲームメディア事業を展開。さらに、プロゲーマーチームのマネジメントや、ゲームイベントの企画・プロデュースを中心としたe スポーツ事業など、あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業に取り組んでいます。
公式サイトURL:http://gzbrain.jp

KADOKAWA dwango 株式会社Gzブレイン