ニュースリリース

PRESS RELEASE

自由な発想で描く、ゲームの新しいストーリー
『Gzブレインゲーム小説コンテスト部門』開催!

“ゲーム”がテーマのオリジナル小説を「小説家になろう」にて募集
大賞・金賞受賞作品は、カドカワグループより書籍化!

株式会社Gzブレイン
2017年10月16日

株式会社Gzブレイン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浜村弘一)は、第20回『エンターブレインえんため大賞』(以下『えんため大賞』)において、新部門『Gzブレインゲーム小説コンテスト部門』の募集を開始しました。

『Gzブレインゲーム小説コンテスト部門』は、ゲームコンテンツの拡大・クリエイターの輩出を図るため、“ゲーム”がテーマのオリジナル小説を、小説投稿サイト「小説家になろう」(運営:株式会社ヒナプロジェクト)にて募集するコンテストです。

ゲームは、オンラインゲーム、スマートフォンゲームなどの新しいジャンルに加え、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)といった技術の登場により、進化を続けています。さらに、ゲーム実況やeスポーツという新たなゲーム文化によって、ゲームをプレイする人だけでなく、それを観る人や、プレイヤーのファンが現れ、様々な形でゲームを楽しめるようになってきました。

今回Gzブレインでは、このようなゲームの新しい楽しみ方の提案として、総合エンターテイメント系の新人賞『えんため大賞』において、『Gzブレインゲーム小説コンテスト部門』を設立しました。

本コンテストでは、ゲーム世界、ゲームプレイヤー、ゲームクリエイターなど、ゲームに関するあらゆる物事・人が題材となります。既存の概念にとらわれない自由な発想で、ゲームファンに幅広く楽しんでもらえる作品を募集します。
なお、大賞・金賞受賞作品については、Gzブレイン、またはKADOKAWAより書籍化を実施します。

これまでにGzブレインは、『ファミ通』ブランドをはじめとする情報誌や書籍の出版のほか、Webメディア、ゲーム動画・映像配信、イベントの運営など、ゲームの面白さ・楽しさを伝えることを目的とした様々な事業に取り組んできました。
今後も、紙やWebという形態にとらわれず、あらゆる角度からゲームの楽しさを伝える施策を多数展開してまいります。

第20回『エンターブレインえんため大賞』募集部門

◆Gzブレインゲーム小説コンテスト部門

ゲーム世界、ゲームプレイヤー、ゲームクリエイターなど、“ゲーム”を題材としたオリジナルの小説を、小説投稿サイト「小説家になろう」にて募集。ゲームファンが幅広く楽しめる作品をご応募ください。

【コンテスト開催スケジュール】
応募受付締め切り:2018年1月4日23時59分
受賞作品発表:2018年3月末 『えんため大賞』公式サイト、『週刊ファミ通』、他関連サイトにて発表。

【応募方法】
小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿中の作品(完成・未完を問わず)に、「Gzゲーム小説コン」とキーワードを入れていただくことで応募が完了します。

※「Gz」は半角英字でお願いします。

※一次選考結果が発表される2018年3月初旬までは、選考作業のため「Gzゲーム小説コン」のキーワードは設定したままにしてください。キーワードを外されますと、応募は無効となります。

※複数応募される場合は、キーワードを応募作品にすべて設定してください。

「小説家になろう」サイト:https://syosetu.com/

【応募条件】

・ジャンル(RPG、オンライン、VR、MMO、格闘、アクション、謎解き、シミュレーション、ホラーetc.)は問いませんが、必ず“ゲーム”をテーマとした小説をご応募ください。

・登場ゲームは必ずオリジナルのものとし、既存作品の二次創作小説は応募できません。

・応募締切時点で10万字を越えていること、また、日本語で書かれた作品であること(舞台設定は現代、ファンタジー、ネットその他問わず)が条件となります。

【賞・賞金】
大賞:30万円+書籍化
金賞:10万円+書籍化
銀賞:5万円
※該当作品がない場合もあります。

【選考方法】
応募受付締め切り後、Gzブレイン、および、KADOKAWA(ファミ通文庫編集部)内にて選考し、一次通過作品を発表後(2018年3月初旬予定)、最終選考会において、入賞作品を決定します。

【選考委員(順不同)】
・浜村弘一(Gzブレイン 代表取締役社長)
・林克彦(Gzブレイン 週刊ファミ通編集長)
・目黒輔(Gzブレイン ファミ通App編集長)
・河西恵子(Gzブレイン コンテンツサービス編集部編集長)
・KADOKAWA ファミ通文庫編集部

<既存の募集部門>

◇えんため大賞×RPGアツマール PRESENTS
 えんため大賞 自作ゲームの部 ~募集テーマ「物語」~

「RPGツクールMV」(開発・発売:株式会社KADOKAWA)を使用して作成したオリジナルのフリーゲームを、株式会社ドワンゴが提供するゲーム投稿サイト「RPGアツマール」にて募集。RPG、アドベンチャー、シミュレーションなどのジャンルは問わず、ストーリー性や、キャラクターの魅力が高い作品を募集します。受賞作品は、カドカワグループより小説化やコミック化されます。
(応募受付は、既に終了しています)

◇ライトノベル ファミ通文庫部門

SF、ホラー、ファンタジー、ギャグ、伝奇、恋愛、学園もの等々、ジャンルを問わず、ファミ通文庫で出版可能なライトノベル作品を募集。大賞・優秀賞受賞者はファミ通文庫よりデビュー。その他の受賞者、最終選考候補者にも担当編集者がついてデビューに向けてアドバイスします。
(郵送受付締め切り:2018年4月30日/WEB投稿受付締め切り:2018年5月1日00時00分)

※各部門の詳しい応募要綱に関しては、『えんため大賞』公式サイトをご覧ください。


<第20回『エンターブレインえんため大賞』について>

『えんため大賞』は、1998年に設立した総合エンターテイメント系の新人賞で、これまでに多くのライトノベル作品や、コミック作品、クリエイターを世に送り出しています。

■主催:株式会社Gzブレイン、株式会社KADOKAWA
■公式サイト:http://entame-awards.jp/
■公式Twitter:https://twitter.com/entame_awards
■えんため大賞チャンネル:http://ch.nicovideo.jp/entameawards

◆株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について

株式会社Gzブレイン(代表取締役社長:浜村 弘一)は2017年7月3日、カドカワ株式会社の100%子会社として設立。『ファミ通』や『B’s-LOG』ブランドをはじめとする、様々なゲームメディア・サービスの企画・制作・編集・運営を行っています。情報誌や書籍の出版だけでなく、Webメディアやイベントの企画・運営、ゲーム動画・映像配信やコンテンツ制作、ゲームマーケティング事業など、あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業を展開しています。
公式サイトURL:http://gzbrain.jp

KADOKAWA dwango 株式会社Gzブレイン